三井住友海上の歴史

三井住友海上のこれまでの歴史

三井住友海上火災保険株式会社は、2001年に、三井海上火災保険株式会社と住友海上火災保険株式会社が合併して誕生しました。大手の保険会社同士が合併したため、資金量が大変豊富になり、信頼性がさらに向上しました。三井住友海上は、誕生後、さまざまな保険商品を販売するようになり、大勢の人が加入するようになりました。2002年には韓国のソウルに韓国支店を開設し、2004年には中国のローカル市場に参入しました。その後三井住友海上はグローバル的な事業展開を加速させ、世界的な保険会社へと躍進しました。その後も日本国内の保険会社と合併を行い、持株会社が株式の管理を行うようになりました。現在では三井住友海上のブランド力は、極めて高いものになっています。

保険商品の今後の動向についての予測

2000年代になってから、経済のグローバル化はますます推進し、多くの日本企業がグローバル企業へと転換しました。三井住友海上は日本を代表する保険会社として、グローバル的に事業を展開しています。今後もますますグローバル化が加速することが予測されます。経済のグローバル化により、海外旅行をする日本人はシニア層を中心に増えています。海外旅行をする際には旅行保険に加入することが当たり前になっており、今後も加入者は増加することが予測されます。最近は世界各地でテロが発生するなど、旅行先でのリスクが高まっています。日本人の危機意識は高まっており、安心して旅行に行くために、旅行保険の果たす約割はますます高まると予測されます。

このエントリーをはてなブックマークに追加